seesaa

6/04/2010

大林太良

最近神話学を勉強する機会がありまして少し大林太良先生の文献を読むことにしました。文献も結構あるので、どうしたもんかと頭を抱えているところではあるんですけど、神話学というのは無限にあるんじゃないか?ていうぐらい膨大にありますから、その中の一端を見るということで少し書きます。

大林先生は比較神話学から出発して、日本の神話をアジア諸国の神話と比較しつつ、神話には伝播説と普遍心性説とがある。みたいな感じです。


入門書なんかも書いてますし、人類学では結構名門どころを出ている人です。

0 件のコメント:

コメントを投稿